最近の投稿

More

◆人を動かすにはどうすればいいのか?

 
人を動かすにはどうすればいいのか?
セールス、育児、教育・・・あらゆる場面で、私たちは、この課題に直面します。
 
あるところに、頑として動かないお年寄りがいました。
その方に、何をして欲しかったかというと、「万歩計をつけてください」です。
どのようにして欲しかったかというと、「万歩計をもってウォーキングしてください」ということ。
 
DSCN9192.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは、私が行った厚生労働省での、メンタル・コーチングのお話です。
 
 
お年寄りとは、「生活習慣病」に対する悩みを抱える方々のことです。
対象は、500名。3年6ヵ月のプロジェクト。
 
みなさんに「健康活動」をして欲しいのですが、
なかなか動かないというところに、このプロジェクトの課題がありました。
 
歩きましょう!
万歩計をもちましょう!
 
はいわかりました!!歩きます
 
・・・・といって歩くなら、
初めから生活習慣病のリスクは、遠のいていたことでしょう。
 
 
そこで、私たちコーチは何をしたか?
 
 
私たちは、参加者お一人お一人の「なぜ?」を引き出したのです。
 
 
万歩計は「何を」です。
ウォーキングは、「どのように」にあたります。
何をどのようにしても、全く動かない人々・・・
 
 
そこで私たちがしたことは、「なぜ」を引き出すこと。
 
 
「孫の結婚式に元気で出たいから」
「愛犬と散歩して季節を感じたい!」
「あの山に登りたいんです!」
 
これは、なぜそうしたいのか? という問いに対する回答です。
 
 
人の行動には必ず「目的」があるのです。
たとえ、表面上の答えがみえなくても、潜在的にはもっているものなのです。
かならず・・・
 
しかしふたをしているケースが多いのです。
だから、引き出すことが大切なのです。
 
 
人を動かすのは」「なぜ」
なぜの答えにフィット感を感じた時、人は自ら動く!
 
 
あなたの大切な人に、また、あなた自身に問いかけてみてください。
 
 
例えば、やりたいことが分からないという時。
 
何がしたいの
どうしたいの?
 
ではなく・・・
 
 
「 で、どうなりたいの? 」と問いかけてみる。
 
 
もしかすると具体的な答えではなく、抽象的かもしれません。
それでいいんです。
 
抽象的でもワクワクする答えであれば。
具体化は、後です。
 
 
★ 心にフィット感を感じた時に、人は動き出すものです
 
 
今日はここまで。
~成幸者を輩出する~岡田裕之
 
 
_____________________________
 
~ 人生は2日間で変わる ~ ★ 2デーNLP
 
<大阪・土日> <大阪・水曜> <静岡・日祝>
_____________________________

一般社団法人感性研究所/ヴィホライズン株式会社