最近の投稿

More

いかにして「腹立たしさ」など、自分の感情をコントロールするか

いかにして「腹立たしさ」など、自分の感情をコントロールするか

こんにちは!岡田裕之です。

対人関係がもつれた際のポイントは、感情にあります。
いかにして、「腹立たしさ」など、自分の感情をコントロールするか。

すれ違い
今日のお題は、
腹立たしさで苦しい時のコミュニケーション法についてです。

感情を爆発させても、意味がない。
抑えつけても、意味がない。

そんな時、わたしたちはどうすればいいのでしょう。

答えは、「目的」にあります。
人の行動には必ず「目的」があります。

怒りや悲しみを爆発させたり抑えたりするのではなく、
うまくコントロールすることが大切です。

あなた自身の目的を明確にする。
相手の目的を知ろうとする。
そうしながら、なんとか創造的な解決策を探っていく。

これが、怒りや悲しみなどで苦しいときに用いる
コミュニケーション法です。

自分の感情を押し殺さず、腹が立つのはなぜか?
まずは、あなた自身の「目的」を言葉にしましょう。

そして、相手の腹立たしい行動の目的を引き出す
つまり言葉にしてもらうのです。
質問が有効です。

そうすることで、お互いの目的を知りあうことになります。

もしかするとそこに、共通の想いを発見できるかもしれません。
また、受け入れがたいものであっても、理由が分かれば納得できます。

「共感ゾーン」に入ってしまうことが、ポイントです。

こうして感情をコントロールできる状態を創ることが大切です。
そうすれば、これからの解決に向けて、創造的に考えることができるのです。

感性くん-感性ちゃん
本当のコミュニケーションとは、波風を立てないことではありません。
好かれるために、あなたが我慢するものでもありません。

互いに真の目的を発見し、新しい価値を創造しようとするプロセスです。

答えが見つからないこともあるでしょう。
それでも、なんとか知恵を絞るのです。

そうした創造性を鍛えるためには、五感を使うことです。
五感を使って、思考のレッスンをする。

それが、感性コミュニケーション・スクールで行っていることです。

創造性を高める
コミュニケーション力を向上させるのは、知識ではありません。

実際に、人とかかわりながら、鍛えることが大切なのです。

8/8(土)は大阪で共感力の1デー・レッスンを行います。

あなたとのコミュニケーションで人が良くなる共感力のレッスン

・8/8(土) 10:00〜17:00
・感性コミュニケーション・スクール大阪
・岡田裕之トレーナー
・12,000円

おまちしてます








一般社団法人感性研究所/ヴィホライズン株式会社