最近の投稿

More

つねに新しい自分に 岡田裕之の読むセミナー3・人生の目的から目標を考える

つねに新しい自分に 岡田裕之の読むセミナー3・人生の目的から目標を考える
こんにちは! 事務局より、
読むセミナー・3回目を投稿させていただきます。


岡田裕之
 なりたい私になる<成幸プログラム>
 ~幸せに成功するために~
 STEP1・自分軸を整える


(3)「人生の目的」から目標を考える
 
 
なりたい私を目指すなら、まずは「目的」から考えましょう。

今回は、その理由について、少し詳しくお話しします。


何かを達成したい。
そんな時、人は「目標」を立てます。

強く願ったことは必ず叶うもし、今のあなたが、

理想的な人生を送りたい、
より幸せを感じて生きたい、
もっと違う何かがある、と願うなら、

現状をぐーんと越えたところに、「目的」を設定しましょう。

「具体的な目標」は、そのあとです。


現状の範囲を超えたところに目的をもつことで、
人類は進化し、文明を発展させてきたはずです。
 

海の向こうは、滝になっているというのに、
大海原にこぎ出した人がいます。


翼もないのに、
空を飛びたいと思う、おかしな人がいたのです。
 
 
飛躍したところに、目的地を設定することで、
あなたの創造性が目覚めるのです。
 
夢は見えない 
そして、人は、いったん目標を達成してしまうと、
アレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
 
 
手に入れた一万円と、
失う一万円は違います。


人には、いったん手に入れたものを失いたくないという心理が働きます。
それが、アレルギーのもとになるケースもあります。


私は、これを「成功アレルギー」といっています。
その正体は、自己保存機能の過剰な働きです。


また、スポーツでよく見かけるシーンがあります。
 
高校野球などを見ていると、あと一人で勝つ!
というところで、逆転ホームランを食らうことが多くあります。
 
この時、心の中では、
「ほぼ達成した」という司令が出ているのです。
 

そうすると、自分を守ろうとする。

その結果、調和が乱れるのです。
 

組織の不祥事においても、
代表やリーダーが自己保身に走ると、組織自体が自己崩壊します。
 


だから、私たちは、

人生という大きなテーマでの目的や、
仕事で達成したい夢を、描き続けることが大切なのです。

道なしいったん目標を達成したら、
また、次のステージへ向かって行く必要があるのです。


その先の目的を見据えておくことで、
つねに新しい自分にリニューアルしていけるのです。
 

岡田裕之



ここまで、3回にわたり「STEP1自分軸を整える」を
お伝えしてきました。
次回は、STEP2人と分かりあう共感コミュニケーションのお話です。
 
感性研究所事務局から投稿させていただきました。


~ 岡田裕之メルマガ ~ しあわせに成功するヒント!
なりたい私になる心の使い方と、セミナー情報を配信バナー公開メルマガのみ登録pi

一般社団法人感性研究所/ヴィホライズン株式会社