最近の投稿

More

セミナー講師で儲かるセミナーを主催して、自分だけがメリットを得る

「セミナー講師で儲ける」セミナーで、
儲けようとしている人が増えました。

私自身、セミナー業で長年やってきましたが、
ここのところ目につくようになってきました。

最近は、セミナー・ポータルサイトまでもが、
集客セミナーを売りにしたセミナーを開催しています。

業界のプレイヤーが研修会社から、プラットフォームへ。
そして個人へと移り変わっていきました。

最近では、ブログやフェイスブックなどが普及。
参入障壁が低くなったぶん、
食えない個人トレーナーがあふれました。

そこに目を付けたビジネスも盛んだということです。

DSCN9199

志をもって講師業を目指す方には、
本物を見る目を養ってほしいと思います。

私自身、日本全国に100クラス展開していた時期は、
「スクール経営を成功させる」ための研究会に参加していました。

有名なコンサルティング会社の主催です。
とても参考になり、助けてもらいました。
コンサルタントは、本物でした。

ビジネスの目的とは、
お客を成幸させて成幸することです。

しかし、昨今のフェイスブック広告などで見かけるのは、
サギまがいなものであふれかえっています。

なにがダメなのか?
どこがポイントでしょう。

けっきょくのところ、
誰にメリットがあるのかということです。

儲かる講師セミナーの主催者だけがメリットを得る。
こりゃおかしいでしょ。

サービスの提供側と、提供される側の両方にメリットがなければ
本当のビジネスとしてなりたちません。

それが、初めから崩れているのは、
誰が見ても分かるはず・・・・

ですが、横行しているということは、
見破れないんですね。

ひっかからない簡単なコツがあります。

 1・目的をきく

 2・代表の顔を見る

もしあなたが、今後、
なにかのセミナーを受講したい。

しかも大きな投資だという場合は、
このニ点を忘れないでください。

これで、大抵わかりますよ。
それでわからないなら、とりあえずやめときましょ!

私自身は、ただのおじさんです。
しかし、20年間この世界をみてきました。
そしてNLPという資格のスクールを日本一に育てました。

ずっと見てきて、今の状況に危機感を感じています。

志のあるあなたには、
しっかりとした選球眼をもってほしいと思います。

岡田裕之

一般社団法人感性研究所/ヴィホライズン株式会社