最近の投稿

More

マインドを一気に飛躍させるSTEP3

マインドを一気に飛躍させるSTEP3

心の羅針盤【3】 ~自分を信じる~

飛躍できる「自己効力感」を身につける

・「イメージ」と「感情」と「言葉」を活用し、パフォーマンスを上げるための五感感覚を磨く

・自分の感情を瞬時に切り替えていく方法を身に付ける

3日目は、自分の身体感覚を磨きながら、自己効力感をアップさせる一日です。まずやることは、自分自身の五感感覚を感じ、さらに五感感覚に強弱をつけた時の感覚の違いを理解することから始まります。この感覚を身につけると、身体は今現在に置いたまま、感覚だけは時間も空間も超えて自由に移動できることをつかめるようになってきます。これが「イメージ」と「感情」と「言葉」を連動させて、自身のパフォーマンスを上げて行く時に必要な五感感覚の基本形になります。

この身体感覚を磨くことが、そのまま深い共感コミュニケーションの実践トレーニングにもなっています。他者を理解するにはまず自分を理解する必要があります。自分の変化をキャッチする力を身につけることで、他者の五感感覚も受けとめることができるようになるのです。

そして午後からは、この五感感覚を活用した自己効力感と高めるためのイメージワークをいく種類か重ねて行きます。初受講生はどうしてもワークの手法に意識が向きがちですが、感性研究所ではNLP の手法や手順よりも、そこで得られる気づきや体感を大切にしています。

なぜなら手法は後からでも覚えられますが、今この瞬間に浮かび上がる感情や気づきは、今だから湧き上がってきたものであり、今の自分に必要なもの(心の宝物)であると考えているからです。 ある受講生が、「心からの理解には行動が伴うのだと実感した」と言いました。深いところ、本音のところで自分の感情に気づいてあげることが、自分の成長を加速させていくことにつながっていきます。
DSCN1844

一般社団法人感性研究所/ヴィホライズン株式会社