最近の投稿

More

マインドを一気に飛躍させる STEP2

心の羅針盤【2】 ~ご縁~

自他の成幸に必要な「共感コミュニケーション力」の実践

・信頼し合える深いコミュニケーションの基本と実践

・質問力を磨きながら、共に成長していくための共生マインドを体得する

2日目は、共感コミュニケーション力の中でも、言葉・質問する力を磨くことに重点を置きます。共感コミュニケーションには言語と非言語の方法があり、初日に学ぶのが身体表現や心のあり方から来る非言語のコミュニケーションだったのに対して、2日目は言葉・質問力を活用して相手の背景を理解し、本人も気づいていなかったほどの想いを引き出すための、共感コミュニケーション質問法を学びます。

そのために、午前中は普段無意識に使っている話し言葉を分解し、客観的に見ていく作業から入ります。日常的に使う言葉を理解していくことで、自分の思考のくせも見えてきます。

午後からは相手の背景や深い想いを引き出す質問法を受講生同士が実践し、自分たちの深い想いや気づきにつなげていきます。

このように実際にコーチとクライアント役の両方を体験することで、経験となります。クライアント役をしながら、想いを引き出される感覚をつかむと同時に、自分自身にも気づいていく経験を重ねていくのが、少人数制本科プログラムの大きな価値です。また相手の立場や感触を肌で感じて学んで行くことで、良い関係作りが「分かる人」から「出来る人」になって行きます。

ちなみにこの質問法は、コーチングの基礎とも言える手法で、リーダーになる人たちには必ず必要なスキルです。相手の背景を理解し、さらに引き上げていくリード法は、のびのびイキイキとした自発的な職場や家庭、チーム作りに必要な要素になります。

一般社団法人感性研究所/ヴィホライズン株式会社