最近の投稿

More

創造的マインド構築モデルとは

創造的マインド構築モデルとは

創造的マインド構築モデルとは

「なりたい私」になるためにはまず、
マインドをつくる必要があります。

世界は、人の心がつくりあげたものだからです。

世界は一つだという考え方が、一般的ですが、
人はみな「自分なりの色メガネ」で世界をキャッチしています。

そういう意味では、
世界は人の数だけ存在します。

たとえば・・・
・ギターが好きなに人は、ギターを担いでいる人が、目につく
・ミッキーが大好きな人には、ディズニーの情報が入ってくる
似たようなことは、誰もが経験することです。

これを仕事に置き換えると・・・
・自分には経験がないから、チャンスはないだろう
・自分には経験がないからこそ、新しい価値がつくれる
といったマインドの違いが、行動や結果に表れるのは当然のことです。

私たちは、同じ世界にいても、受け取る情報は全く違うのです。
情報が違えば、選択も行動も変わる。当然、結果が変わってきます。

つまり、自分自身が本当に望んでいる「なりたい私」の姿を、
ハッキリさせることが、先決だということです。

それが、本当の姿だと心の深いところで確信できれば、
いつもの世界から、「リソース」が見えてきます。

そのような状態を積極的につくりだしていくのが、
「創造的マインド構築モデル」です。
創造的マインド構築モデル0803創造的マインド構築は、大きく分けて、次の3つの領域を磨きあげていくものです。

1・目的志向でなりたい私を鮮明にする
2・目的にあった信念のリニューアル
3・自分は出来るんだという自信

感性社会の到来と「創造的マインド」

◆感性社会の到来

情報化社会が極まり、今、時代は感性社会の変遷期にあります。

たんなる情報通では通用しません。
これからは、情報をどう読みとり、どう伝えるかという、センスが問われる時代です。

先端テクノロジー企業でさえ、経営者自らがプレゼンテーションをする時代です。
これからはますます、感性に訴えるスキルが重要になってきます。

感性社会の到来

◆感性力

感性力とは、感じる力であり、新しいことを創造する力です。
受信、創造、発信に分類することが出来ます。

●受信力は、共感したり、五感で感じたりする力。
●創造力は、柔軟な捉え方や、創造性。
●発信力は、魅力的に表現する力です。

感性力

 

感性社会に必要な
創造的マインドと共感コミュニケーション力

◆感性社会は、なりたい自分を目指す時代

Beingなりたい自分へ

 

◆感性社会で成幸するために必要な
「創造的マインド」と「共感コミュニケーション力」

新しい調和を創造する

 

◆岡田裕之の成幸プログラムは
「創造」 「実践」 「人間科学」 を融合したもの

実践×人間科学×創造NLP、行動分析学、表現アート、

即興劇、気づきのワーク、

心理データや、実践ケースから学ぶ

 

2016072414

成幸と調和

◆成幸する心のプログラム

成幸するために、「いい言葉」と「いいイメージ」、「いい感じ」をプログラミング

◆自分の中の調和

成幸者は、なりたい自分を目指し行動する
ほんとうになりたい私

◆他者との調和

なりたい自分を目指す者は、他者を成幸させる
成幸システム

創造的マインド構築モデル 8つのお話↗

セミナー日程検索・お申し込みボタン

一般社団法人感性研究所/ヴィホライズン株式会社